セキュリティが強化された外付けhdd|失ったデータを素早く復旧

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

大容量データを送信する

2人の女性

企業においてデータのサイズが大きくなってきていることが課題になっていますが、それとともに協力する会社間でのデータのやり取りも課題になっています。特にメールシステムでは添付するファイルサイズに制限があり、サイズが大きくなりがちな図面やパンフレットなどを送ることが難しいのです。このような状況を解決する方法としてデータ送信サービスがあり、多くの企業で使われていて注目を浴びているサービスです。データ送信サービスを利用する目的としては大容量のファイルを企業間でおくることになりますが、複数のファイルを送るにも使われることがあります。このように企業間でのデータ送信が頻繁になるにつれて、このサービスを利用する企業が多くなってきているのです。

データ送信サービスを利用して企業間で電子データのやり取りを行う時には、やはりいくつか注意すべきポイントがあります。まず最初に異なる会社間で送るので、暗号化を施すことが必須と考えて送信前に圧縮と共に実施しておくことを考えておくのです。復号化のためのパスワードは推測できないものにして別メールで送るなど、万が一の誤送信に備えておき被害が最小限になるようにすべきです。また複数のファイルを送る際にはデータ送信サービスの限度に収まるように一つのファイルにまとめるのも考えておく必要があります。このようにデータ送信サービスを使う際には、セキュリティ対策のための暗号化とともにファイルを纏めるということを考えると良いです。